青山和弘

政治ジャーナリスト

1968年千葉県生まれ 政治ジャーナリスト
東京大学文学部社会心理学科卒業1992年日本テレビ入社
社会部警視庁担当から1994年に政治部に異動
以来、羽田政権から菅政権まで14の政権を取材
野党キャップ、自民党キャップを歴任した後、 国会官邸キャップは2回、通算6年にわたり、
政権交代、東日本大震災、伊勢志摩サミット、森友・加計問題など取材・リポート
直接担当した政治家は枝野幸男、前原誠司、鳩山由紀夫、野田佳彦、山崎拓、武部勤、
野中広務、亀井静香、安倍晋三、小渕優子、小野寺五典、林芳正、武田良太、小川淳也など
与野党に幅広い
G7(G8)サミット同行取材通算8回

1995年 米国コロンビア大学客員研究員
2011年から2年5か月 外報部ワシントン支局長 オバマ大統領、米大統領選挙を取材
「ズームインSUPER」「ザ情報ツウ」ニュースコーナーキャスター、
解説委員として「news every.」毎週火曜日出演経験あり

著書として
「恩讐と迷走の日本政治 ~記者だけが知る永田町の肉声ドキュメント~」(2018文藝春秋)
与野党を横断した取材、総理・野党幹部の赤裸々な肉声を活写する政治ドキュメント